美肌.Next

飲む日焼け止めのメリット!内側から健康美人!

News

    More

    飲む日焼け止めの驚くべき効果

    最近新しい日焼け止め対策として注目を集めているのが「飲む日焼け止め」です。テレビで紹介され、その評判は瞬く間に広がりました。従来の「塗る日焼け止め」では、全身に塗るのが面倒、塗り直しや塗り忘れがありました。また、敏感肌の方にとってはそもそも使用できないことも問題です。「飲む日焼け止め」のメリットと、効果的な使用法について解説していきます。

    飲む日焼け止めのメリット

    夏の暑い日や社内旅行、通勤、通学に至るまで、紫外線にお肌を晒す機会は毎日あります。通勤時に、日傘、手袋をするわけにもいかず、かといって朝から日焼け止めを塗る時間もない、そんな方の悩みに応えたのが「飲む日焼け止め」です。塗る日焼け止めでは対策が難しい、

    • 日焼けによるお肌のダメージの軽減
    • シミの原因であるメラニンの抑制
    • 抗酸化作用

    の3つの効果が期待できます。従来の塗るタイプの日焼け止めはお肌にダメージを与える紫外線をバリアすることが目的でした。飲む日焼け止めは逆の発想で、お肌に到達した紫外線が体に及ぼす影響をなるべく最小限に抑えることが目的です。

    お肌のダメージ軽減

    紫外線を長時間浴びることで、肌の免疫を担っているランゲルハンス細胞が減少し、結果的に肌荒れや日焼けを引き起こします。飲む日焼け止めには、このランゲルハンス細胞の減少を食い止めるリコピンやニュートロックスと呼ばれる成分が含まれているため、紫外線を浴びても心配はありません。

    メラニンや酸化の抑制

    シミやそばかすの原因となるメラニンの発生を抑えたり、抗酸化作用も期待できるのが飲む日焼け止めの特徴です。紫外線によって増殖する活性酵素を、強力な抗酸化作用で除去するPLエキスと呼ばれる成分がこの役目を果たします。PLエキスは植物由来の成分のため、人によっては花粉症などのアレルギーを引き起こす可能性もあります。十分にご確認し、服用してください。

    飲む日焼け止めは、以上の通り様々な効能があります。敏感肌の方や、普段塗ることのできない頭皮や背中の日焼けにも効果を発揮することからとても利便性が高いといえます。

    効果的な摂取の仕方や副作用など

    出かける30分前に飲むこと

    飲む日焼け止めは紫外線を浴びる前に服用しましょう。時間の目安としては日に当たる30分前程度と基本的には考えてください。

    日差しが強い場所である海や、長時間外にいるゴルフ場などの場合は一回目の服用から5時間を目安にしてもう一度飲んでください。説明書には1日1回の朝のみでOKと書かれていることもありますが、飲む日焼け止めの一般的な効果持続時間は4〜5時間程度です。それ以上日を浴びる場合は追加で飲まれることをおすすめします。

    特に日差しが強い夏は毎日飲んでも差し支えありません。飲む日焼け止めには様々な美容成分も含まれているので、お肌を健康に保つ意味でも効果的です。

    塗る日焼け止めと併用しましょう

    塗る日焼け止めと絡めて服用すると一層効果が高いでしょう。飲む日焼け止めはあくまで紫外線に対する防御力向上と美容成分を摂取するためのものです。100%日焼けをしなくなるわけではないので、注意してください。「男性だから塗りにくい」「敏感肌だから日焼け止めは塗れない」といった方でない限り、塗る日焼け止めと併用することを強くおすすめします。

    飲む日焼け止めの副作用

    基本的にサプリメントなので多くの方の体に合うようにできています。しかし、植物由来の成分が含まれていることが多いので、花粉症持ちの方は気をつける必要があります。また、5才未満の乳児に飲ませる際は、発疹が起きる場合もありますので薬剤師との相談の上で服用してください。

    Leave A Reply

    *
    *
    * (公開されません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    肌質別日焼け止め対処法

    適切に日焼け止めを使うには、まずどのような症状があるのか知っておくことが大切

    症状別日焼け止め対処法をいますぐチェック

    太陽に負けないサプリ その秘密とは?

    巷で話題の日焼け止めサプリメント。

    その秘密を徹底解明。

    日焼け止めアイテムをチェック

    error: Content is protected !!