美肌.Next

新しい紫外線対策の飲む日焼け止めのメリットと活用術

News

    More

    飲む日焼け止めのメリットとは

    紫外線は肌に様々なダメージを与えてしまいます。

    紫外線を浴びてしまうとメラニンが肌の奥で作られてしまって、シミとなり肌に現れます。肌の水分を奪って乾燥させてしまいますから、肌がかさついたり毛穴が開いたり、くすみやニキビの原因にもなります。さらに、肌の奥まで入り込んで来てコラーゲンなどの細胞を攻撃しますから、しわやたるみを増やして肌老化を進めてしまいます。

    紫外線を防ぐ方法として一般的なのが日焼け止めを塗ることです。日焼け止めは塗った部分の紫外線からのダメージを防いでくれて、肌の内部に紫外線を入り込ませないようにブロックする働きがあります。

    しかし、塗る日焼け止めは夏場の暑い中では汗で流れてしまいますし、塗り残しがあったり薄かったりすると、せっかくのブロック効果が発動してくれません。また、肌が弱くて日焼け止めが塗れないという方もいらっしゃいます。

    そんな塗る日焼け止めの欠点を補ってくれるのが飲む日焼け止めです。サプリメントタイプの飲む日焼け止めは、体の内側から紫外線の影響を防ぐ効果があります。

    シミやしわ、たるみなどが増えてしまう原因は、紫外線を浴びて肌内で作られてしまう活性酸素です。この活性酸素が細胞を攻撃することでメラニンが作られたり、コラーゲンが破壊されて、様々な肌トラブルを起こします。

    飲む日焼け止めには活性酸素を抑制する強力な有効成分が含まれていますから、細胞が傷つくのを守ってくれて、紫外線によるダメージを減らすのに効果的です。塗る日焼け止めで肌が荒れてしまう方でも飲む日焼け止めなら安心ですし、汗で日焼け止めが流れてしまっても飲む日焼け止めがしっかりブロックしてくれます。

    主な有効成分のニュートロックスサンやフェーンブロックはどちらも植物由来の成分ですから、安全性が高く体にも影響ありません。

    飲む日焼け止めの効果的な飲み方

    少しでも紫外線のダメージから肌を守るためには、飲む日焼け止めの効果が最大限に引き出されるような飲み方をしましょう。

    飲む日焼け止めのベストなタイミングとは、紫外線を浴びる30分前に飲んでおくことです。有効成分が働くまでには多少の時間がかかりますから、外出する30分前に決まった量を飲んでおくのが良いでしょう。推奨量は飲む日焼け止めの種類によって違っていますから、説明書などで確認してください。

    また、飲む日焼け止めの持続時間も種類によって違います。だいたい4時間から6時間程度が一般的ですが、説明書を読んで持続時間を把握しておきましょう。長時間外にいる時には途中で飲む日焼け止めの効果が切れてしまうため、追加で飲むようにしましょう。

    継続して飲んでこそ、飲む日焼け止めの真価が発揮されます。レジャーに出かける時だけとか気が向いた時だけなど、不定期に飲んでいてはあまり効き目も期待できません。夏場はいつも紫外線にさらされていて紫外線のパワーも強力なので、毎日飲んでおけばその分紫外線のダメージから守ってもらえます。

    飲む日焼け止めを飲み忘れてうっかり日焼けしてしまった時でも、後から飲むことで紫外線のダメージを最小限に抑えることができます。家に帰ってなるべく早く飲む日焼け止めを飲むことで、日焼けのヒリヒリや赤みを抑えるのに役立ちます。うっかり日焼けしてしまった後の日焼け対策としても役立ってくれます。

    一番効果的な紫外線対策は塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの併用です。双方の欠点をそれぞれ補ってくれますから、パーフェクトな紫外線対策ができます。塗る日焼け止めで外からしっかり紫外線をブロックして、それでも肌内に入り込んできた紫外線のダメージを飲む日焼け止めが守ってくれます。

    Leave A Reply

    *
    *
    * (公開されません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    肌質別日焼け止め対処法

    適切に日焼け止めを使うには、まずどのような症状があるのか知っておくことが大切

    症状別日焼け止め対処法をいますぐチェック

    太陽に負けないサプリ その秘密とは?

    巷で話題の日焼け止めサプリメント。

    その秘密を徹底解明。

    日焼け止めアイテムをチェック

    error: Content is protected !!