美肌.Next

二者択一は損!?塗るのも飲むのも欠かせない

News

    More
    二者択一は損!?塗るのも飲むのも欠かせない

    対処方法はさまざま

    日焼けそのものは悪くない

    日焼けというと、スキンケアに取り組む人にとって悪いことというイメージがあります。しかし、日焼けしてしまうことが悪いことなのかというと、決してそうではありません。もちろん、肌へのダメージなどについて何も考えずに日焼けしてしまうと、紫外線によって受けたダメージが蓄積し、肌が劣化してしまうため注意が必要です。

    とはいえ、とにかく日焼けしないようにすることばかりを考えるのは好ましくないのです。たとえば、日焼けを防ぐためにほとんど外出しない生活をするとなれば、確かに肌への刺激・ダメージを軽減させることはできますが、健康面を考えるとマイナスになってしまいます。健康維持・健康増進を図るためには、毎日の生活の中で適度に外出することも不可欠なのです。

    上手に対処しよう

    日差しが強い日はもちろん、それほど日差しが強くない日でも、紫外線への対策を怠ることはできません。紫外線を浴びると、たとえ微量であっても肌にダメージを与えることになります。そのダメージを放置してしまうと、次第に肌が劣化してしまうようになるのです。

    紫外線に全く当たらないようにすることを考えるのではなく、紫外線が当たったときのダメージを軽減させることや、できるだけダメージを残さないようにすることを考えていきます。そのようなときには、日焼け止めが役に立ちます。もちろん、日焼け止め以外にも多くの対処方法があるため、日焼け止めのことだけを考える必要はありません。

    自分に合う方法を見つける

    体質によって対処方法は異なる

    紫外線が当たったときに受けるダメージは、人によって異なります。体質によっては、紫外線によるダメージがそれほど残らないため、それほど真剣に対処していなくても問題にならないケースもあります。

    しかし、ダメージが残りやすい体質の人は徹底的な対処をしなければなりません。他の人と同じように対処するのでは、思うような効果が期待できないことが多いです。日差し・紫外線に対処する際は、自分に合っている方法が何なのかをよく考えなければなりません。適切な対処をすることができていれば、美しい肌を維持することが容易になります。

    いろいろと試してみる

    最初のうちは、どのような方法が自分に合っているのかが分かりません。しかし、分からないからといって何もせずにいるのでは、肌へのダメージは蓄積されていく一方になります。そのため、まずはいろいろな方法を試してみることが大切です。

    実際に試してみて、あまり効果が期待できないことに気づいたら別の方法に切り替える、効果が期待できそうだと思ったら継続する、というのが適切です。結果的には間違っている方法であっても、ほとんどの場合、逆効果になってしまうことはありません。ある程度の効果にはつながっていくものです。

    塗るタイプと飲むタイプ

    従来製品は塗るタイプ

    日焼け止めというと、外出する前に塗るものだというイメージが強いです。確かに、従来製品を見てみると塗るタイプの日焼け止めが中心になっています。

    しかし、さまざまなタイプの製品が開発されるようになっていて、飲む日焼け止めというのも発売されているのです。一見すると、肌に塗るタイプの方が効果的なのではないかと思われますが、しっかりと塗り込むことが難しかったり、きちんと塗ったつもりでも塗り忘れた部分があったりして、期待しているほどの効果が得られないことも多々あります。その点、飲む日焼け止めであれば塗り忘れのようなリスクに無縁なので、安心感があります。

    飲むタイプも有効

    新しいタイプの製品は、使ったことがない人にとっては不安を覚えやすいものです。しかし、不安になっている理由が使ったことがない点だけなのであれば、実際に使ってみる価値はあります。

    実際に飲む日焼け止めを試してみて、あまり効果が得られないと感じたら中止すればよいのです。飲む日焼け止めを飲んでいる人が増えていて、口コミなどの情報を手軽に入手することができます。初めての人は、口コミなどでどのような製品なのかをチェックすることから始めてみると、安心感が得られます。

    併用することが大切

    気をつけなければならない点としては、塗る日焼け止めにするのか飲む日焼け止めにするのか、という二者択一で考えないようにすることが挙げられます。日焼け止めという名称は共通しているものの、果たしている役割も共通しているわけではありません。

    塗る日焼け止めは肌に紫外線が当たってしまうのを防ぐ役割を果たす製品ですが、飲む日焼け止めは紫外線が当たった後に目を向けているのです。つまり、紫外線を受けてしまった後に生じるダメージから、肌を守ってくれる役割を果たします。

    したがって、塗る日焼け止めだけ、飲む日焼け止めだけ、という使い方はあまり適切ではありません。両者を上手に併用することで、肌へのダメージをより軽減させることができます。

    安易な使用は禁物

    正しい使い方を理解する

    塗る日焼け止めであっても飲む日焼け止めであっても、配合されている成分がそれほど変わらないように見えるため、どの製品を使っても同じなのではないかと思われがちです。

    しかし、実際にはさまざまな違いがあることに注意しなければなりません。ほとんど同じような成分でも、細かな部分では違っていたりするのです。そのため、初めて日焼け止めを購入しようとしているときは、しっかりと成分表示に目を通すようにする必要があります。どのような違いがあるのかを確認し、納得した上で購入することが大切です。

    また、1回あたりの使用量がどのくらいなのか、1日に何回なのか、といった点についても十分に確認しなければなりません。肌を守るために使うからといって、大量に塗ったり飲んだりするのが効果につながるとは限らないのです。

    メリット

    飲む日焼け止めには、メリットとデメリットとがあります。きちんと理解した上で飲むようにすると、正しい効果を期待することができるのです。

    まず、医療機関で処方されることがあることからも分かるように、初めての人にとっても安心できる製品だという点が挙げられます。また、飲むだけで済む製品なので、塗るタイプのように手間がかからないため、忘れてしまうリスクも小さくなります。手間がかかる塗る日焼け止めの場合、忙しいときには塗れなかったりするものです。

    その点、飲む日焼け止めは決めておいた時間に飲むだけなので、毎日欠かさずに続けることができます。

    デメリット

    メリットが目立つ飲む日焼け止めですが、デメリットがないわけではありません。最大のデメリットは、塗る日焼け止めと比べて価格が高い点です。

    しっかりと飲み続けることになるため、どうしても費用がかかってしまいます。そのため、長く継続すると決めたときは、定期コースで購入するなどの工夫が欠かせません。また、薬などと比べると安心感が高いのですが、体質によってはアレルギーに悩まされてしまうことがあります。購入する前に、原材料や配合されている成分を十分に確認することが大切です。

    アレルギーが出にくい天然成分が使われている飲む日焼け止めも多いですが、天然成分だから絶対安心とはいえません。良さそうだからといって安易に使用するのではなく、熟慮した上で飲み始めるのが原則です。

    Leave A Reply

    *
    *
    * (公開されません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    肌質別日焼け止め対処法

    適切に日焼け止めを使うには、まずどのような症状があるのか知っておくことが大切

    症状別日焼け止め対処法をいますぐチェック

    太陽に負けないサプリ その秘密とは?

    巷で話題の日焼け止めサプリメント。

    その秘密を徹底解明。

    日焼け止めアイテムをチェック

    error: Content is protected !!