美肌.Next

飲む日焼け止めの効果とメリットをわかりやすく徹底解説!

News

    More
    飲む日焼け止めの効果とメリットをわかりやすく徹底解説!

    内服するだけで全身の日焼け止め効果がある

    飲む日焼け止めは、内服するだけで日焼け止め効果がありますので、肌に塗る必要がなく手間がかからず時短になり、効率よく紫外線防止ができます。塗る日焼け止めの場合は、ベタベタしてしまい洋服についてしまったり、汗をかいたら塗り直しも必要になります。

    しかし、飲む日焼け止めなら、塗り直しをしなくても1日中日焼け止め効果が持続してくれます。特に夏場は、皮脂や汗が多くなり、それが原因で日焼け止めが流れて落ちてしまいます。必ず塗り直しが必要になりますが、仕事中でなかなか日焼け止めを塗る時間がなかったり、うっかり忘れていたなんてこともあります。

    でも飲む日焼け止めであればその心配もないですね。特に夏には強い味方になるのではないでしょうか。また、塗りムラや、塗り残しも気にする必要がありません。よく忘れがちな、膝裏や、二の腕裏など手が届きにくい場所は、うっかり日焼けしてしまうなんて事がありますが、飲む日焼け止めを服用していればそんなうっかり日焼けもふせげます。

    塗るタイプの日焼け止めの中には、石鹸やボディーソープでかんたんに落とせるタイプと、水や汗に強いウォータープルーフの2種類があります。前者のウォータープルーフではない場合の塗る日焼け止めならば、普段通りにお風呂に入り顔と身体を洗顔料や、ボディーソープで洗えばいいのですが、後者のウォータープルーフの場合は水で落ちない強い処方になっているだけあり普通の石鹸ではなかなか綺麗に落ちません。

    必ずウォータープルーフの塗る日焼け止めは、同じメーカーのクレンジング洗浄剤や、メイク用のよく落ちるオイルタイプのクレンジングを用意して、しっかりと洗い落とす必要があります。

    そんな手間がかかる塗る日焼け止めとは違って飲む日焼け止めは、メリットがたくさんあり、ドラッグストアやネット通販だけではなく、実は、皮膚科などの医療機関でも処方されているということで、日焼け止め効果が高いと認められている物だということが分かります。

    敏感肌な方にはぴったりな飲む日焼け止め

    よく市販されている肌に直接塗るタイプの日焼け止めの中には、敏感肌の方に大敵といわれている紫外線を防止する紫外線吸収剤や紫外線散乱剤といった刺激がある成分が配合されている場合があり、日焼け止めを塗ると肌が赤くなったり、プツプツができてしまうなんて場合もあります。

    しかし、飲む日焼け止めなら、服用を欠かさず毎日続けているだけで、皮膚を傷めることなく紫外線予防が簡単にできてしまいます。敏感肌以外の方でも肌が弱い体質の方は、飲む日焼け止めの方が安心といえます。肌が弱い体質についてまとめます。・直射日光に当たると肌がすぐに赤くなる。

    • 傷の跡が色素沈着して茶色くのこりやすい。
    • 化粧品でかぶれた経験がある。
    • アレルギー体質。
    • パーマ液やヘアカラー剤で皮膚がかぶれやすい。
    • 寒冷蕁麻疹があり冷気にあたると敏感肌になる。

    このような方には、肌が弱く、塗る日焼け止めが合わない方もいます。敏感肌用の塗る日焼け止めは、SPF値が低い物が多いので、こまめに塗り直しをしないと日焼けしてしまう可能性が高くなるため、ぜひ飲む日焼け止めをオススメします。

    飲む日焼け止めと併用して他の紫外線対策もすれば効果絶大

    飲む日焼け止めだけでなく、つばの広い帽子をかぶるように併用したり、サングラスをかけたたり、日傘をさしたり、塗る日焼け止めもさらに使う事により、より強力な紫外線対策ができて、絶対に日焼けしない環境を整えることができます。

    併用する事は、紫外線に常にさらされている仕事の方や、野外に居る事が多い方、登山や海水浴が大好きな方などにはぴったりです。また、飲む日焼け止めを併用することで、塗る日焼け止めを使えない目や頭皮の日焼け止めにも効果が期待できます。

    髪の毛の分け目がこんがり日焼けしてしまい、頭皮の皮膚がボロボロになって落ちてきてまるで不潔な人だと思われて嫌な思いをした方もいると思います。飲む日焼け止めなら、日焼け止めを塗らなくても、頭皮をまるごと紫外線ケアしてくれるので、安心できます。

    目も紫外線は大敵です。もちろん目には日焼け止めはつかえません。しかし、白目には、紫外線によるホクロができる場合があり、眼病予防のためにも体の内側から紫外線を予防してくれる飲む日焼け止めは、良いです。

    美肌やアンチエイジング効果も期待できる飲む日焼け止め

    紫外線は、老化を加速してしまう原因だといわれています。しかし、塗る日焼け止めには、紫外線をカットしてくれる反面、肌に直接塗る事により、肌にとっては、かなりの負担になっているのです。塗る日焼け止めの肌への負担について詳しく書き出しました。

    塗る日焼け止めは、時間とともに酸化していき、酸化した日焼け止めは当然お肌に負担となり湿疹や赤みなどの原因になります。

    毛穴がずっと日焼け止めクリームやジェルで埋まる事により日焼け止めが毛穴に詰まった状態が長時間続くと毛穴がそのままの大きさになってしまい、洗い流した後に、開き毛穴ができてしまいます。しかも、1日中埋もれた毛穴からは、皮脂が出にくい状態になるので、皮脂が無理矢理外に出ようとして毛穴がますます開きます。

    出られなかった皮脂は酸化した油分に変化していき、酸化した油分は、毛穴の黒ずみの原因になります。そして溜まってしまった古い皮脂にアクネ菌が発生し一番嫌なニキビができてしまいます。

    ターンオーバーの乱れが生じます。ターンオーバーとは、新陳代謝の事であり、肌は基底層という一番下の皮膚の層で細胞が生まれ、新陳代謝により順々と、どんどん上に押し上げられていき角質層の表面までくると古い細胞となり洗顔などにより剥がれ落ちていきます。

    日焼け止めをつけた時間が長いとターンオーバーが乱れてしまい、古い細胞が剥がれ落ちなくなり、ターンオーバーの周期が乱れます。そうするとどんどん古い角質が肌の上にたまっていき、肌色がくすんで見えたり、めくれ上がった角質から細菌が入りニキビになってしまったり肌トラブルの原因になります。

    上記の事を見てみても、塗る日焼け止めは、肌トラブルに直結しているといえます。しかし、飲む日焼け止めは肌に負担をかけないだけではなく、実は、肌を老化させる活性酸素を生み出さないサプリメントともいわれているのです。

    活性酸素とは、紫外線に当たると肌細胞のDNAが傷つき活性酸素が発生してしまいます。その活性酸素が発生すると細胞が酸化してしまい、老化の原因となります。飲む日焼け止めは、体の内側から活性酸素の発生を防ぐ抗酸化作用があり、老化にストップをかけてくれて、アンチエイジングの効果があります。

    飲む日焼け止めを紫外線老化から肌を守るアンチエイジングのためのサプリとして服用することも良いとされています。しかも、シミの大敵でもあるメラニンを抑制する働きもあるので、シミを増やさない効果もあり、美肌効果も期待できます。

    美白の化粧品を使っていても増えていくシミに悩んでいる方にも飲む日焼け止めはおすすめしたいです。飲む日焼け止めは、肌の抗酸化力を上げてくれ、アンチエイジングや美肌効果を与えてくれ紫外線の影響をうけにくい肌へと強化させていってくれるサプリメントです。

    紫外線ダメージに対して塗る日焼け止めと同様な効果はもちろんありますが、継続して忘れないように毎日必ず飲み続けることでより、抗酸化作用が高まり強い紫外線から肌を守る効果が高くなるといわれています。

    Leave A Reply

    *
    *
    * (公開されません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    肌質別日焼け止め対処法

    適切に日焼け止めを使うには、まずどのような症状があるのか知っておくことが大切

    症状別日焼け止め対処法をいますぐチェック

    太陽に負けないサプリ その秘密とは?

    巷で話題の日焼け止めサプリメント。

    その秘密を徹底解明。

    日焼け止めアイテムをチェック

    error: Content is protected !!