美肌.Next

日焼け止めは「飲む」時代!?使用方法と効果を解説!

News

    More
    日焼け止めは「飲む」時代!?使用方法と効果を解説!

    飲む日焼け止めとはなにか?

    夏場の日差しが強い時期には、日焼け対策が欠かせません。対策としてまず思い浮かぶのが日焼け止めです。日焼け止めといえば、紫外線から肌を守るために「塗る」ものを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、今注目を集めているのが「飲む日焼け止め」なのです。

    「飲む」とはどういうことかというと、「サプリメントを摂取することで、体内から日焼けによるダメージを抑制する」という言い方をすればイメージしやすいのではないでしょうか。(飲むとはいっても、ゴクゴクとジュースのようなものを飲むことではありません)

    ただ、「日焼け止めは塗ることで紫外線から肌を守るものでは?」「飲むだけでどうして日焼け止めになるの?」という疑問を抱く人も少なくないはず。実際、「飲む日焼け止めを摂取すれば日焼けをしない」ということではありません。

    塗るタイプの日焼け止めが外からのダメージを守るものである一方、飲むタイプの日焼け止めは体内から肌のダメージを軽減するというものです。つまり、日焼けそのものを防ぐというよりも、日焼けした肌を守るという商品となっています。具体的にどんな効果が期待できるのかを以下に解説していきます。

    期待できる効果

    日焼けは肌に様々なダメージを与えます。日焼けは一種のやけど状態であり、決して肌にいいものではありません。紫外線を浴びることで、メラニン色素の増加や沈着、乾燥、シワの原因になるなど、肌へのデメリットが多いのです。若いうちは気にならなくても、年齢を重ねるごとに紫外線を浴びてきたダメージが肌に出てくるものです。

    場合によっては、日焼けのし過ぎが皮膚ガンの原因となることもあり、「日焼けあとを残したくない」「白い肌を保ちたい」という目的だけでなく、肌のために対策が必要なものとなっています。そこで効果があるのが飲む日焼け止めです。摂取することで紫外線によってダメージを受けた肌を守る役割があります。

    どうやって肌を守っているのかというと、飲む日焼け止めに含まれる主成分が関係しています。ニュートロックスサンやリコピンといったものが入っており、シミやシワの原因になるメラニンを抑制したり、肌の酸化を抑制したりするのです。

    具体的には、体内にはランゲルハンス細胞という肌の免疫機能を保つ細胞があるのですが、紫外線を浴びることで減少してしまうのです。飲む日焼け止めは、ランゲルハンス細胞の減少を防ぐ効果があるので、肌の免疫力を保ち、日焼けのダメージを抑えることができます。

    日焼けをすると肌が赤くなることが多いですが、飲む日焼け止めは肌のダメージを軽減するため、赤みも抑えられます。先述したように、日焼けは皮膚ガンにも関係することがあるのですが、その原因は紫外線を浴びることで、皮膚のDNAが損傷してしまうからです。

    飲む日焼け止めは、その損傷をも減少させる効果があると研究結果が出ています。さらには肌を強くするという効果もあるため、皮膚ガンの予防にも使えるものとなっているのです。

    なぜ注目されているのか

    体内からも日焼け

    対策ができる日焼け止めは一般的に、外的な日焼けを防止することを目的としています。そのため、たった数時間でも塗ることを忘れてしまうと紫外線から肌を守れずに日焼けを起こしてしまうのです。外出時間が長いと、一度塗った日焼け止めの効果は徐々に低下していき、何度か塗り直す手間もあります。

    そういったことから、日焼け止めを塗るのも一苦労といった人が多いのではないでしょうか。その上、塗ることができる部分は決まっており、頭皮や目は帽子やサングラスなどでしか対策できません。

    一方、飲む日焼け止めは塗るタイプとはアプローチが違い、体内から日焼けのダメージを軽減するというものです。万全な対策ができなかった場合でも、塗るタイプと併用することで、肌へのダメージを軽減できるという便利なアイテムです。

    日焼け止めは、その日の紫外線から肌を守るという認識しかなかった人も、身体の内側から対策ができるということを知り、徐々に知名度も高まっていきました。両者とも日焼け止めという点では同じなのですが、期待できる効果が違うため、飲むタイプが新たな日焼けの対策方法として人気を集めているのです。

    肌質に関係なく使用できる

    塗る日焼け止めは、効果が期待できるものほど刺激が強くなっていくため、肌が弱い人だと肌荒れの原因になってしまうというデメリットがありました。その点、飲む日焼け止めは肌質に関係なく摂取できます。

    敏感肌の人でも使うことができる、塗るタイプの日焼け止めと併用することで、日焼け止めの効果を高められるのも魅力のひとつです。日焼けしやすい肌質の人、普段の日焼け止めだけでは肌へのダメージが心配な人、あまり対策をしてこなかった人など、より一層日焼けに対しての意識を高めていきたいと考えている人にオススメできます。

    そのほか、飲む日焼け止めには肌にいい成分が含まれているので、美白・シミ対策などの美容効果を求める人にとってもメリットのあるものとなっています。

    使用方法と注意点は?

    外出の30分前が効果的

    ではどのように飲めばいいのかという点ですが、外出前に摂取するのが効果的とされています。具体的には、外出の30分前には摂取するのがいいでしょう。あくまでも外出前に摂取するのが効果的というものであり、飲み忘れてしまった場合は帰宅後の摂取でも構いません。

    この場合、本来の使い方とは違うのですが、肌にいい成分を摂ることができるので、飲まないよりもいいでしょう。日焼け止めは日中に何度も対策しないといけないイメージがありますが、飲む日焼け止めは違います。

    製品によっては一回飲めば、一日中効果があるというものもあり、日焼け止めを塗り直す手間がかかりません。もちろん、短時間の外出でも効果がありますので、外出前には飲んでおくという習慣をつけるといいでしょう。

    一年中飲み続けるといい

    飲む日焼け止めは、継続して飲み続けることで肌を守る成分を身体にとり込めるので、効果が高くなっていくといわれています。抗酸化力が高まっていき、「紫外線の影響を受けにくい」肌になっていくのです。

    日焼け止めは日差しが強くなっていく夏場だけという印象がありますが、飲む日焼け止めは一年を通して摂取することができ、そうすることで効果が見込めます。できるだけ毎日飲み、継続することが大切です。飲み続けてもアレルギーの原因にはなりにくいので、安心できるという点も長く愛用できるポイントでしょう。

    副作用や健康被害のリスクを気にせず飲める

    サプリメントなどで気になるのが、副作用や健康被害ではないでしょうか。肌に良くても他に問題が起きてしまっては意味がなくなってしまいます。その点、飲む日焼け止めは、国産であれば基本的に天然由来成分なので、副作用や健康被害を気にすることなく摂取できます。

    子どもでも摂取できるものですが、ホルモンバランスが崩れやすい妊娠中・授乳中の人や高血圧などの持病がある人は摂取不可、もしくは医師と要相談となっています。製品によっても成分などに違いはあるため、製品ごとの注意点を確認した上で使用してください。

    その他注意したいのは、飲む日焼け止めを摂取するだけで、「日焼けを全くしなくなるのではない」ということです。あくまでも紫外線によるダメージを軽減するためのものなので、飲むだけで何も対策が必要ないということではありません。一番効果的なのは、塗る日焼け止めと併用することですので、どちらも大切な肌を守るために使用してみてはいかがでしょうか。

    Leave A Reply

    *
    *
    * (公開されません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    肌質別日焼け止め対処法

    適切に日焼け止めを使うには、まずどのような症状があるのか知っておくことが大切

    症状別日焼け止め対処法をいますぐチェック

    太陽に負けないサプリ その秘密とは?

    巷で話題の日焼け止めサプリメント。

    その秘密を徹底解明。

    日焼け止めアイテムをチェック

    error: Content is protected !!